【自己処理すると怖い】

手軽に行えるように思えるわき脱毛ですが、自分で行うには大変な苦労が伴います。

 

わき脱毛をする際に、不注意など、扱い方によっては大怪我をしてしまうという事態もおこりかねません。
とくに、自宅で行う場合は、わき脱毛をするための器具の扱いに、十分に注意をすることが必要になります。

 

わき脱毛の器具には様々なタイプがあり、カミソリのような刃物がついているものや、

 

電動の脱毛器、毛抜き、脱毛クリーム、ワックスなどのタイプもあります。

 

カミソリは、仕様の手軽さから、わき脱毛の際に最も利用されることの多い器具ですが、

 

主に、使用することによるカミソリ負けや、皮膚の表面をムダ毛と一緒にそぎ落としてしまうなどの問題が挙げられます。

 

次に、電動の脱毛器を使用した場合は、結構な痛みを伴ったり、場合によっては毛穴が膿んでしまうこともあるといわれています。

 

次に、毛抜きの場合は、毛を毛根から引き抜いて処理を行うため、毛穴が炎症を起こしてしまうなど、

 

肌へのダメージを与えてしまうことがあります。

 

また、脱毛クリームやワックスはムダ毛を薬の強い作用によって溶かすことで処理を行うため、

 

肌の弱い人には使用をおすすめできません。

 

このように、わき脱毛のための器具を選ぶときは、自分の目的や肌の状態などにあったものをしっかりと選ぶようにしましょう。

 

また、自己処理をした場合は、表面に見えている毛の処理は行えるものの、毛根など、毛が生えている元となっている部分の処理までは難しく、触ったときにもざらつきが残ってしまうなど、仕上がりに関してはあまり綺麗に行えないという場合も少なくないため、あまり時間がないときなどに、とりあえず目立ってしまっているムダ毛を処理しておきたいというときなどには向いています。

 

万が一、自分でわき脱毛を行っているときに肌を傷つけてしまったという場合は、すぐに専門の医療機関へ行くことが肝心です。

 

安全にわき毛の処理を行いましょう。